贈り物に「長谷の味」 伊那の加工施設で出荷準備進む

2012/11/21 10:29
ODEK2012112100075201.jpg

 伊那市長谷の農産物直売所「ファームはせ」が運営する加工施設「気の里工房」で、地元の農産物で作ったみそ、漬物などを詰め合わせた「長谷まるごと7品目」の出荷準備が進んでいる。年末年始の贈答などに―と地元の女性たちが手作り。30日まで注文を受け付け、12月14日から全国に発送する。

 大根やゴボウ、ニンジンなど10種類近くの野菜を使った「天菜漬」、ミョウガをシソや酢で漬けた「秋美人」など、独自の加工品が売り。手作りこんにゃく、黒豆やなますなど正月向けの総菜を含む7品がセットになっている。

 古里の味を発信しようと、旧長谷村の女性有志が1997年から発送を始めた。現在は、2003年に完成した同工房を拠点に製造。工房の武井きよ子さん(61)は「地域のお母さんたちが届けようとした味の原点を引き継いでいきたい」と話していた。

 送料、税込みで4200円。約200セット限定。注文は同工房(電話0265・98・2554)へ。

写真説明:ミョウガの漬物「秋美人」を袋詰めする女性たち

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ