一流演奏家、岡谷で共演へ 横山幸雄さんや楽団首席奏者

2012/11/10 10:19
ODEK2012111000074001.jpg

 岡谷市カノラホールで12月1日、ピアニスト横山幸雄さんや国内交響楽団の首席奏者らが集まる演奏会が開かれる。諏訪交響楽団音楽監督の浜一(はじめ)さん(下諏訪町高木)が親しい演奏家に呼び掛けて企画。県内アマチュア演奏家らも含め、「はまくんと仲間たちオーケストラ」を結成する。

 諏訪地方でコンサートなどを企画する「倶楽部(くらぶ)88」の主催。横山さんは、ショパンのピアノソロ曲全212曲を約18時間かけて暗譜で演奏するというギネス世界記録を持ち、盲目のピアニスト辻井伸行さんの師としても知られる。

 他の主な出演者は、新日本フィルハーモニー交響楽団の首席フルート奏者荒川洋さん、東京交響楽団の首席ホルン奏者竹村淳司さん、NHK交響楽団の首席クラリネット奏者松本健司さんと、ティンパニー・打楽器奏者植松透さん。指揮は浜さんが務め、チャイコフスキーの交響曲第5番や、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏する。

 「普段共演することがない各楽団のスターが集まる異色の演奏。クラシック音楽をいろいろな人に聞いてほしい」と浜さん。高齢者にも足を運んでもらおうと、諏訪、茅野、岡谷各市と下諏訪町に住む70歳以上を含む100組(200人分)に無料招待券を配る。身分証明書を持って事務局の「かのや」(諏訪市高島3の1346の5、電話0266・58・1000)まで券を受け取りに来られることが条件。配布は12日午前9時から。

 午後4時開演。チケットは2千円(全席自由)。各プレイガイドで取り扱っている。問い合わせは諏訪市音楽協会(電話0266・53・2070)へ。

写真説明:12月に開く演奏会のポスターを手にする浜さん(中央)ら

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ