アルプスあづみの公園 恒例のイルミネーション 3日から

2012/11/03 11:08
ODEK2012110300072001.jpg

 国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区(安曇野市)と大町・松川地区(大町市、松川村)で2日夜、3日から始まるイルミネーションの地元住民ら向けの説明会があり、楽しみにしていた人たちが一足早く音楽とともに点滅する光の演出を楽しんだ。冬季の誘客につなげようと8回目。昨季に続く両地区同時開催で、昨季より10万個多い計約60万個の電球が園内を彩った。

 堀金・穂高地区は輪がテーマ。池などに発光ダイオード(LED)で輪やアーチを配置し、緑色のダイヤモンドと離れた場所にある輪が、ある地点から見ると重なってダイヤの指輪に見える演出「リングマジック」が見どころ。星がテーマの大町・松川地区では、銀河鉄道をイメージした電飾で輝く列車「スターダストトレイン」が目玉だ。

 ダイヤの指輪に見える場所を探した松川村の女性(31)は「アイデアがいい。すごくロマンチック」。堀金・穂高管理センター職員の高橋克典さん(42)は「カップル向けの遊び心です」と話していた。

 午後4時半~9時に点灯する。来年1月6日まで。入場料は高校生以上400円(65歳以上200円)、小中学生80円。同じ日なら1枚のチケットで両地区に入園できる。休園日などの問い合わせは同センター(電話0263・71・5511)へ。

写真説明:ダイヤの指輪のように見えるイルミネーションも設けられた国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ