諏訪湖花火で交通規制 15日諏訪市内12カ所に臨時駐車場

2012/08/11 10:39
ODEK2012081100048101.jpg

 諏訪市の諏訪湖畔で第64回諏訪湖祭湖上花火大会が開かれる15日、諏訪署は会場周辺で交通規制をする。

 歩行者天国となる諏訪市の湖岸通り3〜5丁目、高島2丁目一帯と、諏訪湖ヨットハーバー―高浜交差点(諏訪郡下諏訪町)が、午後3〜11時(一部は16日午前0時)に車両通行止め。下諏訪町の高浜から東赤砂までの湖岸の町道も午前9時〜午後9時が車両通行止めとなる。

 諏訪市上諏訪の立石町から角間新田にかけての県道諏訪白樺湖小諸線は、15日午前6時〜午後10時に市街地側から霧ケ峰方面への一方通行。上川大橋―石舟渡交差点の「さざなみロード」は午後1時〜16日午前0時、大会会場方向からの一方通行となる。

 市内の一般向け臨時駐車場は12カ所。すわっこランド、諏訪湖スタジアム、ヨットハーバーが有料で、小中学校の校庭や市役所、県合同庁舎などは無料。

 JR上諏訪駅は東口を上り(茅野・甲府方面)専用改札とし、湖畔側の西口に下り(岡谷・松本方面)専用の臨時改札を設ける。上下線とも午後8時から16日午前0時ごろまで、10〜20分間隔で臨時列車を走らせる。同署は「大変な混雑が予想されるため、公共の交通機関を利用してほしい」と呼び掛けている。

 実行委員会は公式ホームページ(http://www.suwako-hanabi.com)に交通規制図を掲載している。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ