湯川渓谷の氷壁、荘厳な姿 南牧へ県内外から見物客

2012/01/28 10:40
ODEK201201280145120139311217.jpg

 南牧村海尻の湯川渓谷で、岩場からしみ出した水でできた氷壁がことしも現れ、雪をかぶった荘厳な姿を見せている。自然の芸術をカメラに収めようと、県内外から写真愛好家らが訪れている。

 氷壁は、水が凍ってできた氷柱がいくつも重なり合ってできる。湯川沿いの村道を上流に向かって進むと数カ所に見られ、大きなものは幅80メートル、高さ20メートルほど。薄い青色に見える氷と白い雪のコントラストが美しい。

 26日には雪の舞う中、何人もの見物客が訪れていた。佐久市望月の西野入政義さん(58)は「氷が青くなっているところが美しい」。横浜市から写真仲間と訪れたという会社員中原節子さん(65)は「これだけの大きさのものは初めて見た。感激です」と話した。村によると2月上旬〜中旬に氷壁が最も成長するという。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ