飯田線119系の引退記念行事 3月に乗車券や団体列車

2012/01/24 10:29

 JR東海は、飯田線で運転している119系電車を3月で引退させる。これを記念し、「ありがとう119ウイークス」と名付け、3月10〜31日に記念乗車券の発売や団体専用列車を運転する。

 記念乗車券は、豊橋発辰野行き乗車券と絵はがき5枚がセット。1セット3570円で、期間中、豊橋駅で5000セット販売する。伊那市駅でも10、11日に伊那市発飯田行き記念乗車券(絵はがき付き)を500セット(1セット950円)販売する。

 団体専用列車の運転は10、11日。両日ともデビュー当時の青色車両を飯田駅から伊那市駅まで1回走らせる。乗車希望者は、ジェイアール東海ツアーズ名古屋支店(電話052・564・2430)の専用ツアーに申し込む。

 JR東海によると、119系は旧国鉄が勾配がきつい飯田線用に開発し、1983(昭和58)年に営業運転を始めた。現在走っているのは全国で飯田線の33両だけ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ