バイキングや「利き菓子」も 「スワいち」概要固まる

2012/01/18 10:14
ODEK201201180144640145405908.jpg

 諏訪地方6市町村で2月18、25日に開く菓子の食べ歩きイベントで、ことし6回目を迎える「スワいち」の概要が固まった。諏訪市の会場はこれまでJR上諏訪駅前の「スワプラザ」1カ所だけだったが、今回は新たに近くの空き店舗を加えた。同会場では和菓子などの20店余りがバイキング形式で、計約100種類の菓子を提供する。

 主催する諏訪アライアンスプロジェクト「さいか」が16日夜、下諏訪町内で会合を開き、発表した。2月18日は岡谷市、諏訪市、下諏訪町で、25日は茅野市、富士見町、原村で開き、計約200店が参加する予定。スワプラザでは「利き菓子」の大会や菓子作り体験がある。

 内容を紹介するパンフレットを約2万部作り、近く参加店や各駅などに置く。当日は各市町村の会場に掲示板を用意。来場者に諏訪地方でお薦めの店や場所などを自由に書いてもらい、次回以降の企画立案に役立てるという。

 さいか事務局の柴たかねさん(50)=諏訪市小和田南=は「2月が近づいてくると諏訪が楽しくなる。そう思ってくれる人が増えている」と盛況を期待していた。問い合わせは事務局(電話0266・27・9033)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ