アヒル?いいえ、カルガモです 松本・あがたの森公園

2012/01/14 10:35
ODEK201201140144500167903418.jpg

 松本市県のあがたの森公園に白いカルガモが飛来している=写真。13日は70羽ほどいるほかのカルガモやマガモと一緒に動き回り、水中に顔を突っ込んだり、岸に上がって羽繕いをしたりと愛らしい姿を見せていた。

 体長は一般的なカルガモと同じ60センチ程度。信州野鳥の会の上条恒嗣会長(62)=松本市県=らによると、白いカルガモは、遺伝子の突然変異で色素が欠けるアルビノの場合のほか、アヒルなどと交雑を繰り返した影響が出るケースが考えられるという。







 群れの中で白く目立つため、ワシやタカから狙われやすいといい、上条さんは「なるべく長生きしてほしい」と話していた。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ