「美味だれ」でラーメン 上田の四天王が25日から販売

2011/11/25 09:48
ODEK201111250142820121775990.jpg

 上田市内でラーメン店を経営する4人による「信州ラーメン四天王」は25日、市民有志らが「ご当地グルメ」として認知度向上を目指している「美味(おい)だれ焼き鳥」のたれを取り入れたラーメンを各店で売り出す。24日、同市材木町の市中央公民館で試食会を開いた。

 美味だれ焼き鳥はしょうゆベースで、すりおろしたニンニク入りのたれを焼き鳥にかける食べ方。市民有志や焼き鳥店で2月に結成した「美味だれで委員会」が「上田独特の味」だと突き止め、この焼き鳥を提供している店を地図にまとめ、無料で配る活動などをしている。

 四天王の一人、真山久貴(さなやまひさたか)さん(32)=佐久市=が「美味だれを、ラーメンでもっと多くの人に食べてもらおう」と他の3人に呼び掛けた。

 試食会には同委員会メンバーら10人が参加。美味だれ焼き鳥を載せたラーメン、スープの無い「和(あ)え麺」、美味だれをスープに溶かしながら食べる担々麺、つけそばが登場。同委員会の自営業酒井博之さん(49)は「それぞれ素材に合わせて上手にたれを使っている。味わい方に広がりを感じた」と話した。

 材木町の「F・B・I」、古里の「はち」、上田の「おおぼし」、秋和の「ゆいが」で来年1月末まで販売する。期間中に各店で食べてスタンプを集めると、先着200人が4店の店名が入った丼をもらえる。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ