「騒動記」ロケ地めぐるツアー 大鹿青年団が10月開催

2011/09/28 10:35
ODEK201109280140730150533845.jpg

 下伊那郡大鹿村の40代以下の有志十数人でつくる大鹿青年団は10月、約300年前から村内に伝わる「大鹿歌舞伎」(国選択無形民俗文化財)を題材にした映画「大鹿村騒動記」のロケ地を歩いて回るツアー「『大鹿村騒動記』ロケ地めぐり」を開催する。主演の俳優、原田芳雄さんの遺作となったこともあり、映画が7月に公開されて以来、大勢の観光客が村を訪れていることから企画した。

 ツアーは、主要なロケ場所となり、映画と同じ名称で23日に開店した食堂「ディア・イーター」の前に集合する。出演者の衣装などを展示している店内に加え、主人公の自宅として使われた食堂の2、3階なども見学できる。

 映画の歌舞伎公演の会場にもなった大磧(たいせき)神社では、普段は上がることのできない舞台に立ったり、舞台回しを体験したりする(29日は見学のみの予定)。映画のラストシーンなどで登場したバス停留所「大河原」も訪ねる。

 ツアーは2、23日が午前10時と午後1時半から、15、29日は午後1時と同3時からの計8回。案内役の団員が撮影の裏話なども披露する。

 青年団代表の北島泰治さん(40)は「映画だけでなく、村の魅力も感じてほしい」と話している。申し込みは不要。問い合わせは村役場(電話0265・39・2001)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ