どろんこドッジボール、今度こそ 大町青年会議所が再び企画

2011/09/23 15:10

 大町市の大町青年会議所が、10月9日に稲刈り後の田んぼで開く「どろんこドッジボール大会」の参加チームを募っている。5月に荒天のため中止した大会をあらためて企画。冷えた体を温める大町温泉郷の温泉水も用意し、今度こそ「大人も子どもも泥だらけで郷土愛を育もう」とスタッフらは意気込んでいる。

 会場は同会議所OBが所有する同市常盤清水の田んぼ。今週末までに稲刈りをし、田起こし、代かきをしてコート3面分を整備する。ルールは通常のドッジボールと同じで小学生以上なら誰でも参加できる。大人と子ども、男女などの混合チームでもOKだ。

 大町ならではの田園風景を童心に帰って体感しようと、5月の田植え前に計画したが、大雨で無念の中止。参加予定だった子どもの保護者らからぜひ実現させて―との激励もあったという。担当委員長の滝田浩さん(38)は「泥まみれになれるめったにない機会」とアピールしている。

 大会は午後1〜5時。13〜16人を1チームとし、参加費は1チーム8千円(保険料、記念品代含む)。温泉水プールのほか温水シャワーユニット、脱衣所あり。申し込みは滝田さん(電話090・8326・6450)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ