クイズに答えてトレイルラン 飯山で秋深まる10月30日

2011/09/22 10:03
ODEK201109220140500191474186.jpg

 クイズに答えながら山道を巡るスポーツ大会が10月30日、飯山市の戸狩温泉スキー場周辺で開かれる。同スキー場のとん平(だいら)ゲレンデにちなみ愛称は「戸狩とんトレ駅伝」。地元の観光業者などでつくる実行委員会が主催し、昨年に続き2回目だ。今月30日まで出場者を募っている。

 4人1組で速さを競う「駅伝の部」と、1人で歩いて巡る「オリエンテーリングの部」がある。駅伝の部は中学生以上が計約15キロ、小学生が計約1・5キロ。オリエンテーリングの部は4キロ程度とする予定。いずれも複数のクイズを出題する。コースは延長約18キロの戸狩トレイルで、一部が信越トレイルとも重なる。

 昨年、夏場の誘客策を検討した観光業者らが全国的に人気が高まっているトレイルランニングに着目。「ただ走るだけでなく、クイズの正解率も合わせて順位を決めればより大勢で楽しめる」と考えた。初回は知名度不足もあって、参加者は目標の300人の5分の1程度だった。実行委は「ことしは大々的に開催したい」と意気込む。

 ことしは、大会コースを管理する戸狩トレイルクラブが、コース整備の活動費に充てる基金をつくった。参加者に自然保護に関わっていると感じてもらうため、参加費の一部を充てる。実行委が参加者1人につき100円を参加費から基金に寄付し、同クラブがコース整備で使う草刈り機の燃料代などに充てるという。

 「北信濃の秋の風景を味わえるコースです」と実行委事務局の丸山隆志さん(31)。参加費は駅伝の部の中学生以上が1チーム1万2千円、小学生が同8千円。オリエンテーリングの部は1人2千円。問い合わせと申し込みは実行委事務局(電話0269・65・3161)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ