風越登山マラソン15日締め切り 飯田市が参加呼び掛け

2011/09/13 10:01
ODEK201109130140130148833577.jpg

 飯田市のシンボルとして親しまれる風越山(1535・1メートル)を会場に10月10日に開かれる第57回風越(かざこし)登山マラソン大会の参加申し込みの締め切りが15日に迫った。初めてインターネットでも受け付けた昨年は最終的に616人が申し込んだが、ことしは11日までで241人にとどまっている。事務局の市生涯学習・スポーツ課は地元住民を中心に参加を呼び掛けている。

 大会は市営今宮球場が発着点。「登山マラソンの部」は標高差950メートル、往復12・4キロを走る最も厳しい白山社コースと8・7キロ、4・9キロの3コースがある。ほかに、風越山麓のかざこし子どもの森公園を走る「みんなで走ろうの部」(3・8キロ)やウオーキングの部(6キロ)もある。

 山頂近くまで登る白山社コースには昨年、過去最多の115人が応募、ことしも11日までに101人が応募した。一方で、「みんなで走ろうの部」は昨年の307人に対して、ことしは同85人。中でも小中学生の参加が少ない。同課スポーツ振興係の福田義久さん(41)は「友人を誘って、体育の日にいい汗を流してほしい」と話している。

 大会では、ことし開局10周年を迎える飯田エフエム放送(飯田市)が今宮球場に放送ブースを構え、一昨年と昨年に続いて実況中継する。

 問い合わせは同課(電話0265・21・3001)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ