JR秋の臨時列車 しなの9本・あさま330本増発

2011/08/25 09:55

 JR東海は24日、秋季(10月1日~11月30日)の臨時列車と、秋の信州キャンペーン(9月1日~11月30日)の内容を発表した。

 中央西線は、特急「しなの」が10月7日に午後9時名古屋発塩尻行きを運行、同8、10日に名古屋―松本・白馬間で計8本増発する。急行「木曽路クルーズ号」(名古屋―奈良井間)、快速「宿場町トレイン117」(名古屋―南木曽間)、同「ナイスホリデー木曽路」(名古屋―塩尻間)を週末や祝日に運転する。

 飯田線は、急行「飯田線秘境駅号」を豊橋―天竜峡間で10月8~10日と11月19~27日に毎日1往復運行する。

 信州キャンペーンは、旅行会社の列車ツアーの一部などに、安曇野市での熱気球係留飛行体験や松本城入場券を付けたり、馬籠宿や奈良井宿の「宿場町ぶらり満喫ブック」をプレゼントする。

 一方、JR東日本長野支社も秋季の臨時列車を発表。長野新幹線「あさま」は上下計330本、中央東線特急「あずさ」「スーパーあずさ」は上下計84本を増発する。また、11月11日には、篠ノ井線姨捨駅(千曲市)での同駅開業111周年の記念イベントに合わせ、長野―姨捨間で「開業111周年号」を運行する。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ