諏訪地方「ズーラ」4年目 女性向け充実49プログラム

2011/08/11 10:21
ODEK201108110138980184693565.jpg

 諏訪地方の温泉や食、文化などを題材に多彩な体験型プログラムを提供する「信州諏訪温泉泊覧会ズーラ」の実行委員会は10日、10月14日に開幕することしのズーラのプログラムを発表した。プログラム数は昨年の77から大きく減って8分野49種類。参加者の約8割を占める女性を意識したプログラムを充実させた。

 諏訪市の高島城で開く着物の着付け教室は、着付けの基本や和装での立ち居振る舞いを学び、記念撮影する。アンチエイジング講座は体を芯から鍛える体操「ピラティス」で体のゆがみの矯正を図り、セルフマッサージ方法も習う。下諏訪町やことしから会場に加わった塩尻市で行うB級グルメツアー、みそ造りなどもある。

 ズーラは4年目。実行委によると、昨年はJR各社による「信州デスティネーション(目的地)キャンペーン」や諏訪大社御柱祭があったためプログラム数が増えたが、「選ぶのに苦労する」との声もあり、ことしはより地域性の高い内容に厳選した。

 プログラム集を約2万部製作。予約は9月1日から受け付ける。問い合わせは実行委(電話0266・21・1770)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ