有料公演ガイド無料配布開始 いいだ人形劇フェスタ

2011/06/21 10:11
ODEK201106210136770123788122.jpg

 飯田市を中心に8月4〜7日に開かれる国内最大級の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ2011」の実行委員会は、全ての有料公演の日程や内容、対象年齢などを掲載した有料公演ガイドの配布を始めた。また、東日本大震災の被災者支援の一環として、同市を拠点に活動している男女2人の道化師コンビ「ましゅ&Kei」を9月上旬ごろ、被災地に派遣する予定だ。

 有料公演は、国内外の41団体が計69公演を行う。見開きA2変形判のガイドには日程などのほか会場、料金、公演団体の紹介などを掲載してある。6万部作り、市内の飯田文化会館や各公民館などで無料配布している。

 「ましゅ&Kei」の派遣費用を捻出するためのチャリティー公演は、国内22の人形劇団の参加が見込まれ、フェスタ期間中に市内4カ所で計5公演を計画。入場料は高校生以上が千円、3歳から中学生までは300円を予定している。

 有料公演のうち、今月2日にチケットを先行発売した7劇団計11公演の中で、完売となった「いっこく堂プロジェクト」(東京)のチケットの追加販売を7月25日から飯田文化会館で行う。

 同フェスタの公演の観賞にはチケットのほかに共通観劇券「参加証ワッペン」(700円)が必要。ワッペンは飯田文化会館や各公民館、市役所などで7月1日から販売する。先行発売以外の有料公演のチケットは同日、同文化会館で発売する。問い合わせは実行委事務局(電話0265・23・3552)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ