「おひさま」ラッピング列車が運行開始

2011/06/19 11:10
ODEK201106190136680148830435.jpg

 JR東日本は18日、NHK連続テレビ小説「おひさま」の登場人物の写真などを車体に装飾したラッピング列車の運行を、大糸線で始めた。松本駅ホームで記念セレモニーを開き、多くの番組ファンらが見守る中、南小谷(北安曇郡小谷村)行き初便が出発した。

 セレモニーには、ヒロイン陽子の義父を演じる串田和美さん(まつもと市民芸術館芸術監督)、陽子の友人・相馬真知子役のマイコさんが出席。テープカットをした。

 ロケで訪れた松本の印象を尋ねられたマイコさんは「間近に山が見えて驚いた。こんな環境で育ちたかった」。串田さんは「もがきながら必死で生きているドラマの登場人物が、皆さんの励みになればうれしい」と話した。

 ラッピング列車は、2両編成の普通列車に陽子(井上真央さん)とその家族や友人の写真、「おひさま」のタイトルロゴがあしらわれている。1日数回松本-南小谷を往復。信濃大町-南小谷の折り返し運転も行う。番組が終了する9月下旬ごろまで走らせる。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ