「エコ」テーマ新イベント 茅野・車山高原で自然体験

2011/06/09 10:29
ODEK201106090136220173732022.jpg

 茅野市の車山高原観光協会は本年度、「エコ」をテーマにした五つの自然体験イベントを新たに始めた。季節や時間帯によって変わる車山の自然を宣伝し、保全活動にも関心を持ってもらう狙い。イベントを紹介するパンフレットを2万部作り、諏訪地方6市町村の役所などに置いて参加を呼び掛けている。

 イベントのうち「四季の彩(いろどり)」と題したツアーは、春から冬までを七つの期間に分け、同協会の会員らが、季節ごとの車山の植生を紹介しながら散策する。「出前講座」は諏訪地方の小中学校や車山周辺の宿泊施設などに出向いて、歴史や散策のマナーを教える。

 他に、夏休み中の小学生に動植物の自由研究を提案する「自然探検隊」、夕方の景色を楽しむ「サンセットウオーク」、外来種のセイヨウタンポポを駆除してタンポポ料理を食べるツアーがある。

 車山高原や諏訪市郊外の霧ケ峰高原では近年、ニホンジカによるニッコウキスゲなどの食害が目立っている。同協会は「車山の魅力の新たな楽しみ方を提案した上で、保全活動にも興味を持ってもらいたい」としている。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ