野山を走って歩いて魅力知って 新緑の戸隠で6月催し

2011/05/21 10:37
ODEK201105210135260172721849.jpg

 長野市の戸隠観光協会は6月4日、戸隠スキー場一帯の野山を走ったり、歩いたりする「戸隠トレイルラン&ノルディックウオークチャレンジミーティング」を開く。10月に開く「信州戸隠トレイルランレース」に向けたプレイベントで、愛好者を増やす狙い。同協会は「新緑のすがすがしい風の中、戸隠の魅力を味わってほしい」と参加者を募集している。

 トレイルランの部は、スキー場越水ゲレンデを発着点に全長10キロ、標高差最大490メートルのコースを走る。瑪瑙(めのう)山(標高1748メートル)を一気に駆け上がって下る。天候が良ければ山頂からは戸隠連峰のパノラマが望める。

 ウオークの部は8・5キロを歩く。初心者と上級者のコースを用意し、地元のガイド組合による案内がある。希望者は有料でポールが使える。

 トレイルランは中学生以上が対象で、定員200人。参加費は2500円。ウオークは小学生以上(小学生は保護者同伴)が対象。定員は初心者、上級者とも20人。参加費は3千円。レース終了後、トレイルランナー鈴木博子さん=愛知県出身=を講師に、トレイルランニングの講習会もある。希望者は30日までに同協会(電話026・254・2881)に申し込む。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ