長野びんずる8月6日開催 連は5人から参加可能

2011/05/20 10:30

 第41回長野びんずる実行委員会(加藤久雄実行委員長)は19日、長野市内で総会を開き、夏祭り「長野びんずる」をことしも開催することを確認、8月5日に前夜祭、6日に当日祭を開く事業計画を決めた。当初、東日本大震災の影響で開催を心配する声もあったが、長野から被災地に元気を送ろうと、販売するしゃもじの売上金や市民フリーマーケットの出店料の一部を義援金に充てる計画だ。

 踊り連が練り歩くルートについて、昨年は40回の節目として中心市街地を時計回りに一周するように変更したが、今回は中央通りや長野大通りなど一定の区間内で往復するこれまでのルートに戻す。20人以下の連は認めていなかったが、より多くの人に参加してもらうため、5人から参加できるようにした。

 昨年は、250連の1万2300人余が参加。加藤実行委員長はあいさつで「長野から被災地に元気を送り、長野びんずるをさらに発展させたい」と話した。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ