アニメファン向け 初のフェスタ 蓼科湖で24日

 茅野市や原村のアニメファンらでつくる「じげんの橋プロジェクト」は、24日に市内で開かれるアニメ同人誌の即売会で、催し「じげんの橋フェスタ」を初めて開く。八ケ岳山麓はアニメファンが作品の舞台をたどる「聖地巡礼」が盛んで、盛り上がりを地域活性化にも生かそうとフェスタを企画。会場内で地元食材を使った料理を販売したり、県内の「聖地」を紹介したりすることを計画している。

 プロジェクトは、八ケ岳山麓で聖地巡礼ツアーを主催していた茅野市観光協会の解散を受け、昨年発足。今回のフェスタは、茅野市での即売会を主催する県外のイベント会社と連携して企画した。

 即売会には、同人誌を発行する40以上のサークルがブースを構えるほか、ファンによるコスプレやライブも予定しており、プロジェクトは最大500人の来場を見込む。同じ会場で、蓼科牛のカレーや信州そば、野沢菜漬けコロッケなどを販売するほか、プロジェクトが県内「聖地」を独自にまとめた地図も配る。

 会場は蓼科湖近くのリゾートホテル蓼科で、即売会は正午〜午後3時、料理販売は午前10時〜午後4時。ウェブサイト「じげんの橋プロジェクト」で詳細を確認できる。

過去の記事

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ