信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
信濃の3選手ベストナイン BCリーグ
2020/11/03 10:38

 ルートインBCリーグは2日、今季のベストナインを発表し、信濃グランセローズから松本市出身の赤羽由紘三塁手(日本ウェルネス筑北高出)、松井聖捕手、ウレーニャ一塁手がそれぞれ初選出された。信濃から3人以上が選ばれるのは初めて。

 赤羽は58試合に出場し、打率2割7分、8本塁打、43打点をマーク。松井は51試合に出場し、打率3割1厘、4本塁打、29打点を挙げた。ともにプロ野球育成ドラフトでヤクルトから指名された。

 1年目のウレーニャは58試合に出場し、14本塁打、60打点でリーグ2冠を獲得。打率3割6分6厘もリーグ4位だった。

 チームや個人の成績などを参考にリーグ事務局が選考した。初優勝した神奈川からは牧田龍輝外野手が選出され、投手部門は鈴木駿輔投手(福島)が選ばれた。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun