信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
信濃、リーグ最終戦黒星 群馬に3―7
2020/10/13 11:14

 ルートインBCリーグは11日、長野オリンピックスタジアムなどで3試合を行い、信濃グランセローズは同じ中地区の群馬に3―7で敗れ、通算37勝13敗10分けでリーグ戦の全日程を終えた。時間制限の規定で試合は八回で終了した。

 信濃は先発佐渡が一、三、五回に1点ずつを失い、群馬に主導権を握られた。七回に救援した名取(東海大三高出)も1失点。打線は4点を追う七回に安野、新井の適時打などで3点を返したが、直後の八回に救援した高井(東海大三高出)が3ランを浴び、再び点差を広げられた。

 信濃は中地区優勝を懸け、17日午後1時から松本市四賀球場で行われる中地区チャンピオンシップ(CS)で福島と対戦する。

写真説明:七回信濃1死一、二塁、新井が右前適時打を放ち2点差に詰め寄る

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun