信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
信濃、CSへ戦力底上げを 24日から6日間で4戦
2020/09/24 10:17

 ルートインBCリーグの信濃グランセローズは、24〜29日の6日間で4試合を戦う。既に中地区チャンピオンシップ(CS・10月17日)出場を決めており、残りは10試合。CSに向けて控え選手を含めた戦力の底上げを図るためにも、一戦一戦を大切に戦いたい。

 19日に地区CS出場を決めた後は、出場機会の少なかった選手が先発するなどしている。1試合で決着をつけるCSに向け、柳沢監督は「好調な選手を使っていく」と強調。チャンスを得た選手がアピールできるかが試される。

 一方、主力も調子を維持していくことが重要。岩田は現在11試合連続安打と好調で、打率はリーグ4位の3割7分1厘、ここ3試合は4盗塁を決めている。8番から2番に上がった打順でも好機をつくり、リーグ1位の52打点を挙げる4番ウレーニャに回して先手を取りたい。

 24日の予告先発はクインティンで、今季9勝目を目指す。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun