信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
信濃、好機生かせずドロー 群馬と2―2
2020/09/23 10:13

 ルートインBCリーグは22日、群馬県高崎市城南球場などで6試合を行い、中地区チャンピオンシップ(CS)進出を決めている信濃グランセローズは、同地区の群馬と2―2で引き分けた。通算33勝9敗8分け。時間制限の規定により、試合は八回で終了した。

 信濃は一回、2死二塁からウレーニャの適時打で先制。同点の四回はウレーニャの2試合連続となる本塁打で2―1と勝ち越した。しかし、三回途中からの救援登板で好投していた宗国が五回に同点に追い付かれた。打線は六回1死二塁、七回2死一、三塁の好機で凡退し、勝ち越せなかった。

 信濃は24日の次戦も同球場で群馬と対戦する。

写真説明:四回信濃無死、ウレーニャがソロ本塁打を放ち、2―1と勝ち越す

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun