信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
好調の信濃、勢い加速を 1日から10日間で7試合
2020/08/01 09:46

 ルートインBCリーグの信濃グランセローズは、1〜10日の10日間で7試合を戦う。5連勝中で通算14勝3敗3分けと好調をキープ。まずは1日のホーム戦で今季初の6連勝をつかみ、勢いを加速させたい。

 信濃は5連勝のうち無失点が2試合、1失点と2失点が1試合ずつと投手陣の安定感が際立つ。今季はまだ1勝の福地の状態が気掛かりだが、若手の宮野や佐々木らリーグ経験の浅い選手が結果を残しており、戦力の底上げは進んでいる。

 救援陣はともに東海大三高出の名取が12試合(11回)、4セーブを挙げている高井は10試合(10回)連続無失点中。1日に先発する中野市出身の大島(長野日大高出)は2人につなぐような流れに持ち込み、勝機をたぐり寄せたい。

 打線は6試合連続の先制点で投手を援護している。開幕から55試合連続出塁のリーグ記録を持つ田島が今季も好機をつくって得点する形ができており、信濃はこのパターンを続けていきたい。

写真説明:打撃の状態を上げている信濃・佐野

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun