信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
信濃、追い付かれドロー 観客迎えホーム戦
2020/07/11 11:01

 ルートインBCリーグは10日、長野県営球場などで3試合を行い、信濃グランセローズは同じ中地区の福島と2―2で引き分けた。通算7勝1敗2分け。時間制限の規定により試合は七回で終了した。

 信濃は2点のリードを守れなかった。一回2死満塁からウレーニャが押し出し四球を選んで先制し、四回は田島の適時二塁打で追加点を挙げて主導権を握った。

 しかし六回、先発福地が2安打と四球の1死満塁から犠飛と暴投の2失点で追い付かれた。

 信濃は11日午後1時から、同球場で再び福島と対戦する。信濃の予告先発は3連勝中の佐渡。

写真説明:六回福島2死満塁から暴投で同点に追い付かれマウンドで渋い表情の信濃先発・福地(左)

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun