信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
ファンの前で白星を 10日から5日間で4試合
2020/07/10 11:12

 ルートインBCリーグの信濃グランセローズは、10〜14日の5日間で4試合を戦う。信濃は10日のホーム戦から観客を入れて試合を開催。雨が心配されるが、12日までの3連戦はいずれもホームで戦う。7勝1敗1分けと好調の信濃はファンの前で白星を重ね、勢いを加速させたい。

 2連勝中の信濃はチーム防御率がリーグ2位の2・31。昨季のシーズン序盤は先発陣が崩れてそのまま敗れるケースが目立ったが、今季は安定感があり、中でも福地は13イニング、クインティンは10イニング連続無失点中だ。救援には好投を続ける名取、高井(ともに東海大三高出)が控えており、10日に先発する福地は「(信濃の)観客を入れての最初の試合で、ファンも楽しみにしていると思う。勝つ試合を見せたい」と力を込める。

 チーム打率はリーグ10位の2割4分7厘だが、ここまでの試合では要所で一本を出す勝負強さを見せている。ホーム3連戦に向け、開幕から9試合連続出塁中の1番田島は「僕(の役割)は出塁だと思う。そのことを意識してチームの勝利に貢献できればいい」と淡々とした口調で話した。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun