信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
「日本一への1ピースに」 新入団選手9人会見
2020/02/29 11:24

 BCリーグの信濃グランセローズは28日、長野市内で新入団選手の記者会見を開いた。就任2年目の柳沢裕一監督(48)=松本市出身=は今季のスローガン「奮迅いざ、頂点へ」を発表。3年ぶりのリーグ優勝と初の独立リーグ日本一に向け、新入団選手9人がそれぞれ抱負を語った。

 昨年と同じスローガンにした柳沢監督は「相手に奮い立って立ち向かう」大切さを強調。その上で「初志貫徹の思いがある」と説明した。目標達成に向け、「既存の選手も新しい選手も互いに切磋琢磨(せっさたくま)し、日本一への1ピースになってくれたら」と期待を込めた。

 2年ぶりに信濃に復帰し、副主将を務める高井ジュリアン投手(23)=上伊那郡南箕輪村出身=は「(チーム内の)誰よりも多くイニング数を投げ、2桁勝利を目指す」と決意。社会人野球のミキハウスから加入した岩田幸宏外野手(22)は「足の速さが強み。攻守で積極的に使っていく」と意気込んだ。

 現在チームは中野市で合同自主トレーニングに取り組んでおり、3月14日から長野市などでキャンプを行う。キャンプでは計11試合の練習試合やオープン戦で実戦経験を積みながらチーム力を高め、4月11日の開幕戦に向けて仕上げていく。

写真説明:今季のスローガン「奮迅いざ、頂点へ」に向けて意気込む新入団選手と柳沢監督(前列中央)ら

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun