信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
松本で信濃激励の催し 柳沢監督、出身地で意気込み
2019/09/18 11:06

 ルートインBCリーグ西地区を2年ぶりに制した信濃グランセローズを激励する催しが17日、柳沢裕一監督(48)の出身地の松本市であった。市内の支援者ら約10人と監督や選手らが出席。柳沢監督は集まった人たちに感謝の思いを伝え、BCリーグ王者を決める22日開幕のリーグチャンピオンシップ(CS)での健闘を誓った。

 信濃は今季、楽天の2軍バッテリーコーチを務めた柳沢さんが監督に就任。「バッテリー中心の守り勝つ野球」を掲げ、球団初の前期優勝と前後期優勝を達成すると、14日の西地区CSでは石川を9―1で下し、2017年以来2度目の地区優勝を飾った。

 この日は支援者を代表し、信州グリーンの藤原繁幸社長が「まだ乗り越えなければならない山がある。日本一になってほしい」と激励。柳沢監督は「これからも精進し、いい報告ができるよう練習していきます」と意気込みを語っていた。

写真説明:今後の意気込みを語る柳沢監督(右)

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun