信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
信濃、2度目の地区V狙う 14日から石川と地区CS
2019/09/13 11:06

 ルートインBCリーグの地区チャンピオンシップ(CS、全3戦)は14日に開幕する。西地区で前後期とも優勝した信濃グランセローズは、通期勝率2位の石川と対戦。信濃は2勝のアドバンテージを得ており、1試合を勝つか引き分ければ2年ぶり2度目の地区優勝が決まる。石川は3連勝が優勝の条件。

 信濃は今季、石川に10勝6敗と勝ち越したが、零敗が3度あった。柳沢監督は「(11勝の永水ら)いい投手がいる。1、2点差の試合になるだろう」と展望する。

 石川の攻撃はリーグ最多の130盗塁を絡めた機動力が持ち味。特に俊足巧打の神谷、荒谷は要注意だ。「(無駄な)四球や失策などミスをした方が負ける」と柳沢監督。優勝が懸かった重圧や緊張感がある中で、普段通りのプレーができるかがポイントの一つだ。

 信濃はリーグ2位タイの13勝を挙げた福地、防御率リーグ5位の佐渡、8勝のギジェンが先発要員。今季の石川戦では福地が4勝2敗、佐渡が3勝1敗、ギジェンが1敗。最近の調子などから初戦は佐渡が有力だ。

 打線はレギュラーシーズン同様、上位の田島や山本らでつくった好機を、勝負強い佐野やリーグ2位の72打点を挙げたペレスの中軸で返したい。けがなどで不本意なシーズンを送った船崎が調子を合わせられるかも注目だ。

 東地区は前期優勝の群馬と後期優勝の栃木が対戦する。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun