信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
信濃、控え選手奮起期待 CS見据え、5日から3試合
2019/09/05 10:19

 ルートインBCリーグ西地区の信濃グランセローズは、5〜8日の4日間で後期残り3試合を戦う。後期優勝を決めた信濃は控え選手のスタメン起用が見込まれる。14日に始まる地区チャンピオンシップ(CS)を見据えてチームの総合力を上げ、層の厚さを示したい。

 これまで途中出場が多い選手の起用について柳沢監督は「結果を残せば、CSの大事な場面での起用もある」と奮起を期待する。

 地区CSは西地区通期2位の石川と対戦する。柳沢監督は「より一戦必勝の重みが増す」と強調し、球団初の前後期優勝に浮かれることなく、万全の準備を進める。

 4日は午前中に中野市屋内運動場で練習し、野手は坂道ダッシュやトス打撃、投手はブルペンに入るなどして調整した。5日の予告先発は、信濃が高卒新人の宮野、富山は吉田。

写真説明:坂道ダッシュに励む信濃の選手たち

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun