信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
BC信濃が初の前後期制覇 西地区 後期2年ぶりV
2019/09/01 09:42
後期優勝を決め、柳沢裕一監督を胴上げして喜ぶ選手たち=31日、伊那市の伊那スタジアム

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグ西地区の信濃グランセローズが31日、伊那市の伊那スタジアムで行われた同地区2位の石川ミリオンスターズ戦に4―2で勝ち、2017年以来2年ぶり2度目の後期優勝を決めた。信濃が前後期を制するのは初めて。集まった観客たちは歓喜に沸いた。

 信濃は今季、楽天の2軍バッテリーコーチを務めた柳沢裕一氏(松本市出身)が監督に就任。バッテリーを中心とした守り勝つ野球を掲げ、球団初の前期優勝を果たした。後期も投打がかみ合い、今季最多の9連勝するなど勢いが続いた。8月18日に優勝へのマジックナンバー4が点灯。マジック1で臨んだ31日の石川戦に逆転勝ちし、優勝を果たした。

 リーグ戦終了後、信濃は9月14〜16日に行う地区チャンピオンシップで西地区通期勝率2位のチームと対戦。前後期を制した信濃は2勝のアドバンテージを得たため、1勝するか引き分ければ、2年ぶりの地区優勝を決める。東地区王者とリーグ優勝を争うチャンピオンシップ(全5戦の3戦先勝方式)は同21日に始まる。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun