信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
BC信濃、前期優勝に前進 ぎりぎりの争い、首位で最終戦へ
2019/06/17 10:12

 ルートインBCリーグは16日、上田県営球場で1試合を行い、西地区の信濃グランセローズは同地区の石川に10―4で勝った。信濃は前期通算21勝13敗1分けとし、首位をキープ。前期残り1試合で、17日に行う滋賀戦に勝ち、同日試合がある2位富山が引き分けるか負ければ、信濃の前期初優勝が決まる。

 信濃は三回2死二塁から山本の適時打で先制すると、続く船崎が中前打を放ち1点を加えた。さらに佐野の適時打でこの回計3点を奪った。四回に1失点したが、直後に船崎が3点二塁打、六回にはロドリゲスの3点二塁打で突き放した。一回に四球を選ぶなどした田島が開幕からの連続試合出塁を35に伸ばした。

 信濃の17日の滋賀戦は滋賀県の守山市民球場で行う。信濃の予告先発はギジェン。

写真説明:三回信濃2死一、三塁、佐野の右前打で三走船崎が生還、ベンチ前でハイタッチで喜ぶ。船崎は3安打4打点と活躍した

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun