信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
信濃、浮上なるか 9日から4連戦
2019/05/09 10:21

 ルートインBCリーグの信濃グランセローズは、9日から今季初の4連戦に臨む。うち3試合がホームとなる利点を生かし、西地区4位から浮上していくための足がかりをつかみたい。

 6日の福井戦は打線が散発3安打と振るわず、1―3で敗れた。各打者が狙い球を絞れていなかったり、粘って相手投手の球数を増やせなかったりと、淡泊な印象が残った。反省を生かし、修正して臨みたい。

 連戦に弾みをつけたい9日は、同地区3位の滋賀と対戦。予告先発は信濃が今季初先発の名取=茅野市出身、滋賀が昨季途中まで信濃に在籍し、今季2勝を挙げている高井=上伊那郡南箕輪村出身=となり、東海大三高(現東海大諏訪高)時代の同級生対決となった。名取は「一つ一つ、アウトを確実に重ねたい」と意気込む。

 打線は4番ペレスがリーグ4位の19打点をマーク。柳沢監督は「打線が早い段階で初先発の名取を援護できるか」をポイントの一つに挙げる。

写真説明:今季初先発に臨む信濃・名取

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun