信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
勝利重ね巻き返しを 13~17日に4試合
2019/04/13 11:29

 ルートインBCリーグの信濃グランセローズは、13〜17日の5日間で4試合を戦う。開幕3連敗中の信濃は今季初勝利を挙げ、巻き返しのきっかけをつかみたい。

 13日は同じ西地区の首位石川と対戦する。予告先発は信濃が開幕投手を務めた福地、石川が昨季9勝の永水。約5年ぶりの先発として登板した福地は「初戦よりも(先発の)イメージができている。自分がいい投球をすれば、おのずと勝利は近づく」と意気込む。

 14日の福井戦は柿田の先発が濃厚。前回登板した7日の新潟戦は5回2/3を投げて6失点し、敗戦投手となったが、12日の練習ではブルペンで制球良くコースに投げ分けていた。

 チーム打率は11日現在、同地区4位の2割4分。3番船崎、4番ペレスの打率はともに3割を超え、6番ロドリゲスは5割8分3厘と好調だ。信濃はこの3人の前に走者をため、プレッシャーをかけていきたい。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun