信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
BC信濃キャンプイン
2019/03/10 09:54

 BCリーグの信濃グランセローズは9日、長野市の長野オリンピックスタジアムでキャンプ入りした。選手らは練習用のユニホームに袖を通し、晴天の下、はつらつとプレー。4月6日の開幕に向けて本格的に始動した。 

 練習に先立ち、竹内球団社長は「みんなが一つになり、しっかり練習し、良い準備をして開幕を迎えられるように頑張ろう」と激励。今季から指揮を執る柳沢監督は「日本一明るい、元気のあるチームが目標でもある。内に秘めた闘志はいらない。気持ちを前面に出していこう」と引き締めた。 

 練習は午前10時すぎに始まり、午前はストレッチなどで体を温めた後、投手と内野手のサインプレーに時間を割いた。午後は5年目の名取ら一部の投手陣がブルペンで投球に臨み、野手陣はフリー打撃やロングティーなどを実施。自主練習を含め約7時間、汗を流した。 

 同スタジアムでの練習は18日まで。20日から4月3日にかけて、飯田市や中野市などで練習試合とオープン戦を計8試合予定している。

写真説明:ロングティーに励む主将の山本

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun