信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
柳沢監督ら、松本で抱負 市役所訪問
2019/03/08 10:24

 4月6日のBCリーグ開幕を前に、信濃グランセローズの竹内羊一球団社長(63)、今季から指揮を執る松本市出身の柳沢裕一監督(47)らが7日、市役所に坪田明男副市長を訪ね、抱負を語った。

 市は市野球場で昨年6月に行われた福井戦に市内の小学生約130人を無料招待。市スポーツ推進課によると、今季も続ける方向で調整中だ。

 この日、竹内社長は「選手も大幅に入れ替わったので、心機一転、日本一を目指したい」と決意表明。柳沢監督は「生まれ育った街で野球界に貢献したい。多くの観客が入ればうれしい」と話した。

 坪田副市長は「プロスポーツが子どもに与える影響は大きい」と活躍を期待した。

写真説明:抱負を語る柳沢監督(右)ら

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun