信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
信濃、本西監督の退任発表
2018/09/18 09:47

 BCリーグの信濃グランセローズは17日、球団初のリーグ優勝に導いた本西厚博監督(56)の今季限りでの退任を正式発表した。新村涼賢内野手(26)=上伊那郡辰野町出身、樫尾亮磨投手(25)、寺本悠真投手(23)の退団も発表。新村と樫尾は本人の申し出による任意引退、寺本は自由契約とした。

 本西監督は2016年に就任。昨季、球団創設11年目で初優勝となる西地区後期優勝をはじめ、地区優勝、リーグ優勝を果たした。今季は前期が2位、後期は3位に終わった。球団を通じて「3年間一緒に戦ってくれたスポンサーの方々、選手、日本一のファンの皆さん、心から感謝します」とコメントした。

 新村は長野日大高から11年に入団。8季目の今季は主将としてチーム最多の67試合に出場し、打率はリーグ3位の3割7分1厘をマークした。樫尾は加入1年目の昨季に13勝を挙げて最多勝を獲得し、初優勝に貢献。今季も先発陣の一角として19試合に登板し、6勝4敗だった。2年目の寺本は今季25試合に登板したが、防御率7・18と振るわなかった。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun