信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
前期最終戦で大勝22得点 23日に後期開幕戦
2018/06/23 11:49

 ルートインBCリーグは22日、滋賀県東近江市の湖東スタジアムなどで2試合を行い、西地区2位の信濃グランセローズは同5位の滋賀に22―1で大勝した。信濃は前期の日程を終え、通算成績は20勝10敗4分けで2位。勝率は6割6分7厘で福井と並んだが、直接対戦で4勝3敗だった福井が順位で上回った。東地区1位の群馬は、同5位の栃木に16―14で勝って前期優勝を決めた。

 信濃は今季最多得点で前期最終戦を制した。一回、打者10人の攻撃で5点を先制。二回は新村の2点三塁打で追加点を挙げた。三回には渡辺のソロ本塁打が飛び出すなど、八回まで毎回得点を重ねた。先発ギジェンは5回1失点で5勝目。

 後期の開幕戦は23日。信濃は富山県営球場で富山と対戦する。信濃の予告先発は樫尾。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun