信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
V持ち越し 2位福井に敗北
2018/06/18 09:52

 ルートインBCリーグは17日、各地で5試合を行い、西地区首位の信濃グランセローズは松本市野球場で同2位の福井に6―8で逆転負けを喫した。信濃が勝てば前期優勝となる直接対決で敗れ、福井とのゲーム差はなくなったが、勝率で上回って首位を守った。前期優勝のマジックナンバーは「2」のまま。

 信濃は1点を追う三回にポロの2点本塁打で逆転に成功したが、六回に先発ギジェンが2点本塁打を打たれて再びリードを奪われた。七回には、3番手の叶が3点本塁打を浴びるなどして、計4点を失った。6点差の九回に4点を挙げる粘りを見せたが、及ばなかった。

 信濃は18日に滋賀県の守山市民球場で行われる西地区5位の滋賀戦に勝ち、福井が石川戦に負ければ、信濃の前期初優勝が決まる。信濃引き分けで福井勝利、信濃敗戦で福井勝利か引き分けの場合は信濃のマジックが消滅して福井にマジック1が点灯する。18日の信濃の予告先発は北方。

写真説明:七回福井2死一、二塁から片山(手前)に右越え3点本塁打を浴び、立ち尽くす信濃3番手・叶

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun