信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
初の地区V リーグ優勝懸け群馬と対戦へ
2017/09/19 09:52

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの信濃グランセローズが18日、長野市の長野県営球場で行われた富山サンダーバーズとの西地区チャンピオンシップ第2戦を4―3で勝ち、2連勝で初の地区優勝を決めた。球場には900人余が詰めかけ、就任2年目の本西厚博監督が試合後、歓喜の輪の中で胴上げされた。

 後期にチーム創設以来初の優勝を果たした信濃は、全3戦の第1戦で前期優勝の富山に5―1で勝ち、地区優勝に王手をかけて第2戦に臨んだ。信濃は富山に2点を先行されたものの、五回までに2本の本塁打で逆転。継投で富山の反撃をしのいだ。

 信濃は23日開幕のBCリーグチャンピオンシップ(全5戦)に初出場し、東地区で優勝した群馬ダイヤモンドペガサスとリーグ優勝を懸けて対戦する。県内で23、24日、群馬県内で30日、10月1、2日に行われる。開始時間、球場は後日発表する。

写真説明:初の地区優勝を果たし、本西厚博監督を胴上げして喜ぶ信濃グランセローズの選手たち=18日、長野市の長野県営球場

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun