信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
新戦力―投手・渡部広大 投球まとめる力成長
2016/03/28 09:47
渡部広大

 関西独立リーグの兵庫でプレーした昨季は、リーグ最多勝の10勝をマーク。「兵庫で結果を残せた。プロ(NPB)に近づくため、よりレベルの高いBCリーグでプレーしたい」と決意し、トライアウトを経て入団が決まった。

 130キロ台後半ながら切れのある直球を軸に、決め球のフォークで三振が取れる。兵庫では先発だけでなく中継ぎや抑えも務め、「いろいろな場面を経験できた。(投球を)まとめる力が伸びた」と感じている。

 高校3年の春、肩を痛めて投げられない時期があった。提出した日誌に監督から「“大変”は大きく変わるチャンス」との返事があった。「何事も前向きに考え、取り組むことが大事」。182センチ、82キロ。右投げ右打ち。東京都出身。23歳。背番号17。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun