信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
新外国人投手獲得へ 広島とDeNAでプレー
2015/07/15 10:26

 BCリーグの信濃グランセローズが、2010年から広島とDeNAで計3年間プレーしたジオ・アルバラード投手(37)を獲得することが14日分かった。

 プエルトリコ出身のジオは193センチ、96キロの右投げ右打ち。2年間在籍した広島では38試合に登板して11勝15敗。12年はDeNAに移ったが、8試合に出場して1勝6敗と振るわず、戦力外通告を受けた。その後は米大リーグのマイナー3Aなどでプレーしていた。

 既に来日しており、近く正式に契約を発表する。リーグへの選手登録が間に合えば、今週末の試合から出場する見込み。

 一方、6月上旬に入団したドミニカ共和国出身のラダハム・ケサダ投手(24)との選手契約は解除した。4試合に登板し、0勝0敗、防御率13・50だった。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun