信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
リリアーノ投手を獲得 米大リーグでプレー経験
2015/03/26 13:49

 BCリーグの信濃グランセローズが、米大リーグでのプレー経験があるドミニカ共和国出身のペドロ・リリアーノ投手(34)を獲得したことが25日、分かった。

 リリアーノは04年にブルワーズ、05年はフィリーズに所属。大リーグ2年間で計16試合に出場し、0勝0敗で防御率は6・17だった。昨季は北米独立リーグでプレーした。187センチ、92キロの右上手投げ。

 球団の三沢今朝治社長は「現在の球速は145キロぐらいと聞いている。落ちる球があり、変化球がいい」としている。4月初めに来日してチームに合流する予定だ。

 一方、昨季の4番だったヘサス・バルデス外野手とは契約できなった。バルデスは昨季、リーグ2位の20本塁打を放ち、今季も戦力に見込んでいたが、メキシコのリーグでプレーすることが決まった。球団はバルデスに代わる外国人選手の獲得を目指している。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun