信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
三家・東風平を合同入団テストで指名
2014/03/02 11:06

 ルートインBCリーグは1日、合同トライアウト(入団テスト)とドラフト会議をさいたま市のロッテ浦和球場で行い、信濃グランセローズは昨年まで広島の育成選手だった三家和真(みけ・かずま)外野手(20)を1巡目、既に練習生契約を結んでいる東風平(こちんだ)光一投手(23)を2巡目で指名した。

 和歌山県出身の三家は、市和歌山高から2011年育成ドラフト4位で広島に入団。支配下登録はなく、ファームで2年間通算12試合に出場し、9打数2安打だった。貴重なスイッチヒッターで俊足が特長。180センチ、78キロ、右投げ両打ち。

 埼玉県出身の東風平は、埼玉・武蔵越生高と立正大を卒業。BCリーグの群馬に在籍した昨季は、37試合に登板し2勝3敗の成績を残した。174センチ、75キロ、右投げ右打ち。

 トライアウトは36人が参加。1次テストを通過した13人がシートノックと実戦形式のテストを受け、信濃が2人、新潟と石川、福井がそれぞれ1人を指名した。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun