信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
群馬に敗れ全日程終了 新潟にマジック1点灯
2011/09/26 09:27
今季最終戦で群馬に敗れ、一様にうなだれる信濃の選手ら

 BCリーグは25日、各地で3試合を行った。上信越地区首位の信濃グランセローズは群馬県の伊勢崎市野球場で群馬ダイヤモンドペガサスと後期最終戦を行い、3―4で敗れた。2位の新潟アルビレックスは富山サンダーバーズに2―0で勝ち、首位に浮上。新潟の後期優勝へのマジックナンバー「1」が点灯した。全日程を終え2位に後退した信濃は、新潟が残り2試合で1分け1敗か連敗しない限り優勝できない。

 新潟は26日に群馬、28日に石川ミリオンスターズと対戦する。

 信濃は一回に先発の給前が3点本塁打を浴び、五回には内野の失策から追加点を与えた。七回に1点を返し、八回は坂巻の適時打などで追い上げたが届かなかった。信濃は3連敗で、後期通算成績は18勝12敗6分け。

 福井ミラクルエレファンツは石川に5―0で快勝。2期ぶり2度目の北陸地区優勝を決めた。10月1日から始まる地区チャンピオンシップ(全3戦・2戦先勝)で前期優勝の石川と対戦する。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun