信濃毎日新聞ニュース特集「信濃グランセローズ」
群馬に6―1で快勝 マジック「2」に
2011/09/20 09:36
群馬-信濃 七回信濃1死満塁、代打・坂巻が同点の適時打を放つ

 BCリーグは19日、各地で2試合を行った。上信越地区首位の信濃グランセローズは群馬県高崎市城南球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、6―1で快勝した。2位の新潟アルビレックスが石川ミリオンスターズに3―0で勝ったため、信濃の後期地区優勝へのマジックナンバーは残り3試合で「2」になった。早ければ次戦の23日の石川戦で優勝が決まる。

 信濃は先発の飯田が四回に先制を許したが、七回に坂巻の適時内野安打と犠飛で2点を奪い逆転。八回は原の適時二塁打などで4点を挙げて突き放し、金村、篠田の救援陣が無失点で締めた。信濃は引き分けを挟み連勝を6に伸ばし、後期通算成績は18勝9敗6分けとなった。

 信濃は23日午後6時半から石川県立球場で石川と対戦する。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun