信州の花(紅葉)だより
台風被害に負けず…輝く 長野「吉田の大イチョウ」
2019/11/28 10:18
長野 吉田の大イチョウ

 「吉田の大イチョウ」として親しまれている長野市吉田の樹齢約900年のイチョウが黄色く色づき、見頃を迎えている。10月の台風19号の強風で太さ10〜15センチ、長さ5メートルほどの枝が折れるなどの被害があった。地元住民でつくる「吉田大イチョウ保存会」の黒柳文男会長(71)は「地区のシンボルとして親しまれている木。今年も例年並みにきれいに色づいた」と話す。

 市教育委員会文化財課によると、1967(昭和42)年に市天然記念物に指定。樹高は約32メートルで、目通り周囲(目の高さの幹回り)は約8・6メートルに及ぶ。吉田大イチョウ保存会の会員らが手入れを続けている。

 台風の被害を受けたものの、24日ごろには大部分が黄色く色づいた。青空が広がった27日は、子ども連れや散歩中の住民が訪れ、「(画面に)入りきらないよ」などと話しながらスマートフォンで写真を撮ったり、落ち葉を集めたりして楽しんでいた。

 デイサービスの職員や利用者仲間と訪れた中原喜美子さん(84)はイチョウの葉を手に、「形がかわいいものね。家に飾るよ」と笑顔。「葉が散ってじゅうたんのようになってからまた来たいね」と見上げていた。

写真説明:鮮やかに色づいた「吉田の大イチョウ」=27日、長野市吉田



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯田 天竜峡
飯田 天竜峡
長野 吉田の大イチョウ
長野 吉田の大イチョウ
長野 清水寺
長野 清水寺
諏訪市 仏法紹隆寺
諏訪市 仏法紹隆寺
箕輪ダム湖
箕輪ダム湖
花だより