信州の花(紅葉)だより
バラまつりで「100人合唱」、来場者と唱歌メドレー、中野
2019/06/09 10:03
中野 バラまつり

 「信州なかのバラまつり」を9日まで開いている中野市一本木公園で8日、市民有志らによる催し「100人合唱」があった。市出身の国文学者高野辰之作詞の「故郷(ふるさと)」を含む唱歌メドレーを歌って会場を盛り上げた。

 メドレーは12曲編成。有志らは野外ステージで、高野作詞の「春の小川」や「紅葉(もみじ)」を歌った。「われは海の子」は力強く、「雪」はかわいらしく、情感を込めて歌い上げ、会場は拍手で包まれた。来場者も知っている歌は一緒に歌うなどして楽しんだ。

 100人合唱は、市内の合唱愛好家でつくる「信州なかのローズフェスタ合唱団」が、交流のきっかけにしようと企画。参加者を公募し、長野市や須坂市、山ノ内町などの愛好家も加わった。

 今年はバラの花持ちが良いため、公園を管理する「一本木公園バラの会」はまつり終了後も16日まで出店の営業を延長する。延長期間中は入場無料。普通車1台500円など駐車料金は必要となる。

写真説明:一本木公園のステージを囲んで唱歌メドレーを歌う合唱隊と来場者



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

湯の丸 ツツジ
湯の丸 ツツジ
茅野 フラワーショー
茅野 フラワーショー
根羽 ツツジ
根羽 ツツジ
霧ケ峰 ツツジ
霧ケ峰 ツツジ
松本 ツツジ
松本 ツツジ
花だより